2017/02/16 18:22

タフに使える全天候型!

【ジュネーブショー2017】シトロエンが4WDのミニバンコンセプトを出展

Text:Yasushi HOSODA Photo:AUTOMOBILES CITROËN

シトロエンは3月7日に開幕するジュネーブショー2017において、「シトロエン・スペースツアラー4×4Ëコンセプト」を初披露すると発表した。

 

高い居住性と悪路走破性を両立

 

このモデルは、ミニバンの居住性や快適性と、クロスカントリー4WDの走破性を両立させたクロスオーバーで、ベースモデルは2016年に登場した新型ミニバンのスペースツアラーである。4WDシャシーを搭載するとともに地上高を60mmアップさせ、悪路走破性を高めているのが特徴だ。

 

0216_Citroen-SpaceTourer4_4Econcept_02

 

ボディサイズはXS、M、XLの3種類を設定。もっともコンパクトなXSは全長が4600mm、全高が1900mm。ちなみにMでは全長が4950mmに、XLでは5300mmとなる。後席へは両側に設けられたハンズフリースライドドアによってアクセスでき、ミニバンとしての使い勝手が追求されている。

 

パワートレインは150psを発揮する2.0リッター直4ディーゼルターボ「BlueHDi」と6速MTの組み合わせ。4WDシステムにはリアデフロック機構を備えるなど、クロスカントリー4WD車としての能力を発揮する。

 

外観では、テクニカルグレーのカムフラージュグラフィックやレッドのアクセントで彩ったボディ、スノーチェーンを装着した19インチタイヤ&ホイールが、アクティブな走りのイメージを引き上げている。

 

そのほか、ヘッドアップディスプレイやリアビューカメラ、ブラインドスポットモニタリングシステム、車線逸脱警報システム、アダプティブクルーズコントロールといった先進技術が採用されているとのことだ。

 

【関連記事】

新型シトロエンC3が発売開始!

EVの「メアリ」でパリツアーを

シトロエンC3エアクロスがデビュー

Text:Yasushi HOSODA Photo:AUTOMOBILES CITROËN

「ル・ボランBOOST」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

関連記事

  •