2017/02/03 18:50

人気の色、グレードは?

マツダ新型「CX-5」の受注好調、月販目標の約4倍に

Text:Mr.Blackbeans Photo:MAZDA MOTOR CORPORATION

マツダは、昨年12月に発表、2017年2月に発売する新型「CX-5」の予約受注台数が、約1か月半で月販計画の2400台を大きく上回る9055台になったと発表した。

 

高いインテリアの質感、洗練されたエクステリアデザイン、新鮮な新色「ソウルレッドクリスタルメタリック」の評価が高いことなどが、販売計画の4倍近い受注を獲得した要因になったとマツダは分析している。

 

人気は高価格グレードに集中

 

20170202_2_Mazda_cx-5_release_002

 

2世代目となる新型CX-5は、今回が初めてのフルモデルチェンジとなる。マツダ曰く、自らのデザイン力と技術を磨き上げ、あらゆる領域で「走る歓び」を深化させたクロスオーバーSUVだとしている。エンジントルクを制御してハンドリング性能を高める新技術「G-Vectoring  Control(Gベクタリング コントロール)」を搭載するなど、“いまのマツダ”が詰まった意欲作だ。

 

受注状況を見てみると、グレード構成は本革シートを採用し、上質さを際立たせた「L Package」が49%、先進の安全装備を充実させた「PROACTIVE」が47%となっており、高価格グレードに人気が集中していることがわかる。

 

またボディカラーは、彩度や深みを増し、CX-5のデザインを質感高く際立たせた新開発の「ソウルレッドクリスタルメタリック」が31%、リアルな金属質感を実現した「マシーングレープレミアムメタリック」が17%と、新色の比率が高くなっている。

 

 

【関連記事】

マツダCX-5が日本と欧州で5つ星に

マツダが新たな技術開発ビジョンを発表

「ABCトリオ」が再び復活!? スズキ「カプチーノ」後継モデル登場か

Text:Mr.Blackbeans Photo:MAZDA MOTOR CORPORATION

「ル・ボランBOOST」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

関連記事

  •