2017/02/01 16:29

フォレスターとアウトバックが大人気!

スバル2016年世界生産、アメリカの増産効果で初の100万台超えを達成

Text:Mr.Blackbeans Photo:FUJI HEAVY INDUSTRIES Ltd.

富士重工業(スバル)が発表した2016年の世界生産・国内販売・輸出実績によると、2016年の世界生産台数は5年連続で過去最高を記録し、前年比9.2%増の102万4604台となり初めて100万台を超えた。国内生産はSUVの「フォレスター」が牽引。海外生産は、米インディアナ工場で受託していたトヨタ・カムリの生産が終了。これに伴い「レガシィ」「アウトバック」「インプレッサ」の生産を増強した効果が顕著にあらわれた格好だ。

 

フォレスター、アウトバックが人気

 

subaru sales 2016 (1)

 

国内生産は、生産能力を超える工場稼働が続き、2.5%増の72万7741台で5年連続プラスに。海外生産は同29.7%増の29万6863台で、3年連続のプラスとなった。フォレスターやアウトバックの人気が海外で根強く、世界的なSUV人気と上手く噛み合った結果といえる。

 

その一方で国内販売は同4.0%減の15万5780台となり、3年連続のマイナス。登録車は、受注ベースではフルモデルチェンジした「インプレッサ」を中心に好調で前年を超えたというが、台数を稼げるコンパクトカーがトヨタ/ダイハツのOEM車という制約もあり、同1.6%減の12万1990台に。軽自動車は12月に新型車「シフォン」の発売があったものの全体的に低調に推移。11.7%減の3万3790台で10年連続のマイナスとなった。

 

輸出は豪州向けを中心に増加し、同2.8%増の58万2708台に。5年連続で過去最高となった。

 

【関連記事】

スバル ブース出展車両が決定!【ル・ボラン カーズ・ミート2017 横浜】

スバル2016年度世界生産、100万台超えで過去最高記録を7年連続で更新

【ニューヨークショー2017】スバル新型SUV「アセント」のコンセプトカーが発表

Text:Mr.Blackbeans Photo:FUJI HEAVY INDUSTRIES Ltd.

「ル・ボランBOOST」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

関連記事

  •