2017/01/12 12:40

トップスピード300km/hオーバー!

ポルシェ911に走りを極めたスポーツモデル「GTS」がデビュー

Text:Yasushi HOSODA Photo:PORSCHE JAPAN

ポルシェ ジャパンは911シリーズのラインナップにGTSモデルを追加し、2月9日より受注を開始すると発表した。追加設定されたGTSモデルおよび税込車両価格は下記の通り。

 

911カレラGTS:1750万円

911カレラGTSカブリオレ:2016万円

911カレラ4 GTS:1850万円

911カレラ4 GTSカブリオレ:2116万円

911タルガ4 GTS:2116万円

 

 

加速、最高速性能はモデルにより差が

 

搭載エンジンはポルシェの新世代ユニットである3.0リッター水平対向6気筒ターボで、450ps/550Nmを発揮する。このスペックは、先代GTSモデルに搭載された自然吸気エンジンのそれを20ps上回る。組み合わせるトランスミッションは7速PDKだ。

 

911 Targa 4 GTS, 911 Carrera 4 GTS Cabriolet und 911 Carrera 4 GTS

 

すべてのGTSモデルには、PASM(ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネジメント)が標準装備され、カレラ/カレラSより車高が10mm低くなる。GTSクーペはスポーツシャシーが搭載されるため、さらに10mmローダウンされる。

 

今回登場したGTSモデルの中で、もっとも加速性能に優れるのは911カレラ4 GTSクーペで、標準装備のスポーククロノパッケージを組み合わせることにより、3.6秒で0-100km/h加速をこなす。最高速はすべてのGTSモデルが300km/hを超えるが、もっとも速いのは911カレラGTSで310km/hをマークする。

 

エクステリアは駆動方式を問わずワイドボディが採用されている。新しいデザインのフロントエプロンは、GTSのスポーティなキャラクターを強調。このフロントデザインは空力面で最適化が図られており、低められたフロントスポイラーと、より高くせり出すリアスポイラーによって、911カレラSより前後のリフトが低減されている。ホイールはセンターロック式の20インチで、シルクグロスブラックにペイントされる。

 

そのほか、スポーツデザイン・ドアミラーやスモーク処理が施されたテールランプ、シルクグロスブラックのインテークグリル、中央部に配置されたスポーツエグゾーストシステムの黒いツインテールパイプは、GTSモデル独特のディテールだ。後輪駆動モデルの場合は、左右のテールランプをつなぐトリムがブラックとなり、4輪駆動モデルはその部分が点灯するライトストリップとなる。

 

ポルシェ トラックプレシジョンアプリはGTSのデビューに合わせて変更を受けた。ドライビングデータの自動記録や詳細データの表示・分析などが手持ちのスマートフォンで可能となる。

 

GTSのロゴが入ったアルカンターラ仕上げのシートが特徴的なインテリアでは、目の粗い黒の酸化コート処理を施したアルミパネルが装着されるほか、ステアリングホイールのリムやセンターコンソールボックス、アームレストなどがアルカンターラ張りとなるのがGTSならではのディテールとして挙げられる。

 

 

【関連記事】

聖地ドイツをドライブ! ポルシェが豪華な旅行ツアーの募集を開始

【スクープ】次期ポルシェ「911」が新型ボディを初披露

ポルシェ・ミュージアムが伝説のドライバー「ヴァルター・レアル」の特別展を開催

Text:Yasushi HOSODA Photo:PORSCHE JAPAN

「ル・ボランBOOST」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

関連記事

  •