2017/01/12 18:50

100,000ドル切りは高い? 安い?

【デトロイトショー2017】レクサス「LC500/LC500h」の価格が発表

Text:Mr.Blackbeans  Photo:LEXUS INTERNATIONAL

アメリカ・デトロイトで行われている北米国際自動車ショーにおいて、今春の発売が予定されているレクサス「LC500」「LC500h」の価格が発表された。それによると現地での販売価格は90,000ドルからと、100,000ドルを切ることが明らかになった。

 

高い?安い?

 

471psと540Nmのトルクを誇る5.0リッターV8エンジンに10速オートマチックトランスミッションを組み合わせたLC500の価格は92,000ドルで、日本円に換算するとおよそ1050万円。

 

一方、3.5リッターのV6フルハイブリッドパワートレインを搭載し、354psの総合システム出力を提供するLC500hは、96,510ドルになる。現在のレートで換算すれば約1100万円だ。果たして「LC500/LC500h」は高い?安い?

 

「LC」とはどんなクルマ?

 

次世代のレクサスを象徴するクーペの実現に向け、基本に立ち返り、クルマの骨格であるFRプラットフォームを新開発し、走りのポテンシャルを高め、美しいデザインを創り上げたのが「LC」という車だ。

 

2018_lexus_lc_500_003

 

LC500の心臓部は、V型8気筒5.0リッターエンジン。スムーズなレスポンスとエモーショナルなエンジンサウンドが調和し、アルミニウムを採用したエンジンは467ps、540Nmの高出力を実現している。

 

LC500hは、V型6気筒3.5リッターエンジンと走行用モーターに自動変速機構を組み合わせたマルチステージハイブリッドシステムを採用。ドライバーの操作や車両のGから走行状態を判断し、変速を制御することによって、ハイブリッドが持つモーター駆動による応答性の良さを最大限に活用し、ダイナミックなドライビングテイストを実現した。

 

またLCには、超小型トリプルプロジェクターLEDヘッドランプ、トリプルプロジェクターヘッドランプと組み合わせた昼間走行灯(DRL)、ドライブモードセレクト、パドルシフター、タッチパッド付きリモートタッチインターフェース、レクサスプレミアムオーディオ、カラー10.3インチTFTマルチインフォメーションディスプレイなどが装備される。

 

そして全車に歩行者検知付きプリコリジョンシステム、オールスピードダイナミックレーダークルーズコントロール、ステアリングアシスト付きレーンキープアシスト/レーン逸脱警報、インテリジェントハイビームを含むアクティブセーフティ機能のパッケージである「レクサス・セーフティシステム+」が標準装備される。

 

 

【関連記事】

【デトロイトショー2017】「北米カー・オブ・ザ・イヤー2017」はあの日本車に決定!

【デトロイトショー2017】日産「Vモーション2.0」のデザインを詳しく知る

【デトロイトショー2017】レクサス新型「LS」のボディ&シャシーを詳しく知る

Text:Mr.Blackbeans  Photo:LEXUS INTERNATIONAL

ル・ボランBOOSTの公式SNSをフォローして最新情報をゲット!

関連記事

  •