2017/01/11 17:50

市販モデルには革新的な自動運転機能も?

【デトロイトショー2017】日産が「インフィニティQX50コンセプト」を世界初披露

Text:Mr.Blackbeans  Photo:NISSAN NORTH AMERICA

「QX50コンセプト」は、北京モーターショー2016にて公開された「QXスポーツ・インスピレーション」のデザインをベースに、将来の大量生産に向けて細部をチューニングしたモデル。だが直線的なラインと流れるような面は健在で、ダイナミックでありながらも実用的なSUVらしさを表現、インフィニティ特有の「優雅でありながらもパワフル」というテーマを具現している。

 

次世代中型SUVのビジョンしとて

infinitis-qx50-concept003

 

ドライバーを中心にしながら助手席にも配慮したキャビンの有機的なフォルムは、エクステリアの形状に調和するようにデザイン。「従来のアプローチを変えるプレミアムなインテリアデザイン」というインフィニティの考え方を表現している。

 

そして注目は、このQX50コンセプトに最先端の可変圧縮比エンジン「VCターボ」が搭載されていることだろう。

 

世界で初めてとなる量産可能な可変圧縮比エンジン「VCターボ」は、走行中に圧縮比を変えられる2.0リッターの直列4気筒ターボガソリンエンジンで、圧縮比は8.0から14.0の間で連続的に可変。走行性能を重視したいときは圧縮比を下げてトルクを高め、燃費を重視したいときは圧縮比を上げる機能を持つ。

 

またこのQX50 コンセプトは、将来的な自動運転支援技術の導入も示唆していているとのこと。インフィニティが考える自動運転支援技術とは、「ドライバーが最終的な車のコントロール責任を負う」というもの。車が人間に代わって操縦するのではなく、車はあくまでドライバーの「副操縦士」として運転を支援するべきとしている。

 

 

 

【関連記事】

【デトロイトショー2017】「北米カー・オブ・ザ・イヤー2017」はあの日本車に決定!

【デトロイトショー2017】日産「Vモーション2.0」のデザインを詳しく知る

【デトロイトショー2017】レクサス「LC500/LC500h」の価格が発表

Text:Mr.Blackbeans  Photo:NISSAN NORTH AMERICA

ル・ボランBOOSTの公式SNSをフォローして最新情報をゲット!

関連記事

  •