2017/01/10 17:11

完成度高し。ほぼこのまま2018年に市販か

【デトロイトショー2017】アウディが「Q8コンセプト」でフルサイズSUVの投入を宣言!

Text & Photo:Naohide ICHIHARA (Editor in Chief)

最高出力456馬力のプラグインハイブリッド

 

デトロイトショー・プレスデイの幕が明けた1月9日。アウディは朝8:00からプレスカンファレンスをスタート、いつもモーターショーでホットな話題を提供してくれるアウディだけに、今回も「Q8コンセプト」「SQ5」「A5/S5カブリオレ」の3モデルを世界初公開してきた。

 

まずは一番の話題作といっていいQ8コンセプトについてお知らせしよう。このクルマはSUVならではの広い室内とクーペのエモーショナルなスタイリングを巧みに融合した、いま続々と誕生しているクーペSUVに分類できるクルマ。ただし肝はアウディ自ら「フルサイズ」と称していること。フルサイズSUVとは北米マーケットで不動の人気を誇る、キャデラック・エスカレードやリンカーン・ナビゲーター、メルセデス・ベンツGLSなど、最大サイズのビッグSUVのことで、ボディは全長5mを優に超え、エンジンは5.0リッター級V型8気筒がスタンダード、というのがセオリー。そこにまだクーペSUVは存在しないのだが、アウディはいちはやくここにQ8を投入すると宣言してきたわけだ。

 

audi-q8-2018-6

 

Q8コンセプトのパワートレインは「プラグインハイブリッド」とだけアナウンスされている。システム総合最高出力は456ps、最大トルクは700Nmを発生。このパワーはもちろんフルタイム4輪駆動システム「クワトロ」によって路面に伝えられる。

 

アウディはこの市販バージョンを2018年中に市場に導入すると発表している。Q8コンセプトを間近で観察した限りでは、ボディとドアやボンネットなど開口部との隙間、内装パーツのシボなどは極めて現実的、このままでも市販できそうなものだった。というわけでスタイリングはこれでほぼ確定と推測するが、果たして? 続報に期待しよう。

 

 

 

【関連記事】

アウディの2016年世界販売、187万台で過去最高記録を塗り替える

【デトロイトショー2017】「北米カー・オブ・ザ・イヤー2017」はあの日本車に決定!

【デトロイトショー2017】日産「Vモーション2.0」のデザインを詳しく知る

Text & Photo:Naohide ICHIHARA (Editor in Chief)

ル・ボランBOOSTの公式SNSをフォローして最新情報をゲット!

関連記事

  •