2017/01/10 16:00

まずは3.5リッターV6ツインターボで発進

【デトロイトショー2017】レクサス新型「LS」登場! スポーティに大胆チェンジ

Text & Photo:Naohide ICHIHARA (Editor in Chief)

自動的にステアリング切り衝突を回避する機能も

 

デトロイトショーのプレスデイ初日、レクサスのプレスカンファレンスは朝8:30から始まった。フラッグシップセダンであるLSの新型が登場することは事前に発表されていたので、会場には開始1時間前から多くの報道陣が詰めかけることに。改めてその注目度の高さがうかがえた。

 

さて、そんな中で登場したレクサス新型LS。1989年の初代から数えて5世代目となる新型は、歴代の正統派セダンという趣から一転、ご覧のようにクーペのようなシルエットを持つ、スポーティさを前面に打ち出すデザインとなった。ボディサイズは全長5235×全幅1900×全高1450mm、ホイールベースは3125mmだ。

 

lexus-ls-2018-7

 

 

 

発表されたのはLS500の1モデルで、エンジンは新開発の3.5リッターV6ツインターボ。最高出力は421ps/5200~6000rpm、最大トルクは600Nm/1600~4800rpmとなる。トランスミッションは10速ATだ。

 

もちろん最新のADAS(先進運転支援システム)が搭載され、自動操舵で衝突回避支援するプリクラッシュセーフティシステムを世界で初めて採用。緊急自動ブレーキだけでは回避できないとシステムが判断した場合、車線内の回避スペースを見つけてクルマが自動的にステアリングを操舵、歩行者との衝突回避を支援するという。

 

噂が絶えなかったドアミラーの後方カメラへの置き換え、いわゆる「ドアミラーレス」車ではなかったものの、新型LSの大胆な変貌ぶりに期待は膨らむ。発売は2017年末というから、今後も引き続きロングボディの「L」やハイブリッド仕様の追加など、さまざまなニュースでわれわれを楽しませてくれるはず。日本ではおそらく秋の東京モーターショーあたりで正式なラインナップや価格などについて、正式なアナウンスがあるのではないだろうか。

 

 

 

【関連記事】

【デトロイトショー2017】日産の「Vモーション2.0」がベスト・コンセプトカー賞を受賞

【デトロイトショー2017】レクサス新型「LS」が著名なデザインアワードを受賞

【デトロイトショー2017】「北米カー・オブ・ザ・イヤー2017」はあの日本車に決定!

Text & Photo:Naohide ICHIHARA (Editor in Chief)

ル・ボランBOOSTの公式SNSをフォローして最新情報をゲット!

関連記事

  •