2017/01/06 18:30

新エントリーモデルには走りが楽しいMTも!

ルノーがコンパクトカー「トゥインゴ」に新グレード「ゼン」を追加

Text:Yasushi HOSODA Photo:RENAULT JAPON

ルノー・ジャポンは、ルノー・トゥインゴにシンプルな装いの「ゼン」グレードを追加設定し、1月12日より発売する。税込車両価格は5速MT仕様が171万円、6速DCT(エフィシェント・デュアル・クラッチ)仕様が180万円である。

 

新型トゥインゴはこれまで、「インテンス」グレードのみの展開だったが、シンプルな装備で手の届きやすくなった「ゼン」の追加により、ユーザーの好みに幅広く対応できるラインナップとなった。

 

エンジンはMTとDCTで異なる

 

RENAULT TWINGO III (B07) PHASE 1

 

「ゼン」に搭載されるエンジンは、組み合わせるトランスミッションによって異なる。6速DCT仕様は90ps/135Nmを発揮する0.9リッター直3ターボ、5速MT仕様は71ps/91Nmの1.0リッター直3自然吸気ユニットとなる。1.0リッターエンジンと5速MTの組み合わせは新型トゥインゴ初のパワートレインで、960kgの軽いボディを軽快に、小気味よく走らせることができる。

 

ボディカラーは「ブルードラジェ」「ルージュフラムメタリック」「ジョンエクレール」「ブルーメディテラネメタリック」「カプチーノメタリック」「ブランクリスタル」の6色を設定している(メタリックは3万2400円高の有償色)。

 

 

【関連記事】

ルノー「ルーテシア」がマイナーチェンジ、新型が日本で発売開始

ルノーの新型スポーツカー「アルピーヌ」の新たな画像が公開

ルノーの新型スポーツカー「アルピーヌ」の予約が開始! 注目の価格も判明

Text:Yasushi HOSODA Photo:RENAULT JAPON

ル・ボランBOOSTの公式SNSをフォローして最新情報をゲット!

関連記事

  •