2017/01/06 19:30

よりアグレッシブに、フロントマスクを一新!

【デトロイトショー2017】スバルが新型「WRX/WRX STI」を公開

Text:Mr.Blackbeans  Photo:FUJI HEAVY INDUSTRIES Ltd.

富士重工業(スバル)は、米国デトロイトにて開催予定の2017年北米国際自動車ショーにおいて、2018年型の「WRX/WRX STI」(米国仕様車)を発表すると予告した。

 

2018年型「WRX/WRX STI」のエクステリアは、新造形のLEDヘッドランプ(オプション)とフロントグリル、大型化したフロントバンパーグリルの採用により、フロントフェイスを刷新。よりスポーティかつアグレッシブなデザインとした。

 

走行性能もさらに進化

 

2017wrx3

 

また走行性能・安全性能・実用性の更なる進化を追求。「WRX」は電動パワーステアリングの制御を最適化するとともに電動パワーステアリングのモーターとECUを一体構造にすることで、軽量化を実現。またレッドカラーのブレーキキャリパーとユーリッド製ブレーキパッドを採用し、ブレーキ性能を向上させている。

 

「WRX STI」は、イエローカラーのキャリパーを含む新型ブレンボ製ブレーキを採用。モノブロック構造のフロント6ポット/リア2ポットの対向ブレーキキャリパーにドリルドローターを組み合わせ、高い制動力と耐フェード性能を実現させた。

 

2017sti1

 

安全性能にも手が加えられ、「WRX」には、停車時にブレーキペダルから足を離しても停車状態を維持するオートビークルホールドをスバルとして初めて採用。また、アイサイトアシストモニターやステアリング連動ヘッドランプも採用している。

 

2018年型「WRX / WRX STI」米国仕様スペック

全長/全幅/全高 4595/1795/1475 mm

ホイールベース 2650mm

 

エンジン(WRX)

FA20型 2.0L水平対向直噴ターボエンジン

最高出力 268hp/5,600rpm

最大トルク 258lb.-ft./2,000-5,200rpm

トランスミッション 6速MT / リニアトロニック

 

エンジン(WRX STI)

EJ25型 2.5L水平対向ターボエンジン

最高出力 305hp/6,000rpm

最大トルク 290lb.-ft./4,0000rpm

トランスミッション 6速MT

 

【関連記事】

【デトロイトショー2017】「北米カー・オブ・ザ・イヤー2017」はあの日本車に決定!

【デトロイトショー2017】日産「Vモーション2.0」のデザインを詳しく知る

【デトロイトショー2017】レクサス「LC500/LC500h」の価格が発表

Text:Mr.Blackbeans  Photo:FUJI HEAVY INDUSTRIES Ltd.

ル・ボランBOOSTの公式SNSをフォローして最新情報をゲット!

関連記事

  •