2016/12/30 18:50

2016年はどんな年だった? 「ポルシェ」の1年を振り返る

Text:Mr.Blackbeans Photo:PORSCHE JAPAN

業績もモータースポーツも絶好調

 

ポルシェの2016年は、2015年の販売台数が前年比19%増となる22万5121台と、過去最高記録を5年連続で更新したという景気のいいニュースから始まりました。

 

最量販市場としては中国が米国を抜き、車種別ではSUVの「マカン」の人気が高く、前年比で約8割増に。また、売上高は過去最高の215億ユーロ(約2兆7122億円)で25%増加、営業利益は34億ユーロ(約4290億円)を記録しました。これを受け、ポルシェは3月16日、ドイツ本社の全従業員に、8911ユーロ(約112万円)の特別ボーナスを支給することを発表しています。

 

新型車のトピックは、エントリースポーツカーの「718」と4ドアセダンである「パナメーラ」の話題に集約できます。そこで、その2車を中心にしたニュースをピックアップしてみました。もちろんポルシェになくてはならないモータースポーツでの活躍にも触れない訳にはいきませんね。

 

新型「911ターボ」を初公開

 

porsche-2016-3

 

1月には2015年末に発表されていた改良新型「911ターボ」を、デトロイトモーターショーにて初公開しました。新型911ターボはよりシャープなスタイリングとなり、新開発のインフォテイメントシステムを搭載するなど、装備も充実させています。パワーユニットは3.8リッター水平対向6気筒ツインターボで、最高出力540psを発生。高性能版の「911ターボS」は580psとなり、トランスミッションは7速PDKのみの設定です。価格は911ターボが2236万円、同カブリオレが2502万円、911ターボSが2599万円、同カブリオレが2865万円とされています。

 

改名した「718ボクスター」「718ケイマン」の概要を発表

 

718 Cayman S und 718 Boxster S

 

1月下旬、ミッドシップオープンスポーツの「718ボクスター」が発表されました。こちらは「ボクスター」の大幅改良モデルで、これを機に車名を「718ボクスター」に変更。これまでの6気筒からダウンサイジングされた、新開発の水平対向4気筒エンジンを搭載しながらもターボチャージャーで過給することで、パワーと環境性能を両立させています。ベースグレードには最高出力300hpの2.0リッター水平対向4気筒ガソリンターボを、「718ボクスターS」には350hpの2.5リッター水平対向4気筒ガソリンターボを搭載。日本国内での予約受注は2月1日よりスタートしました。

 

また4月には兄弟車となるクーペモデルの「ケイマン」にも同様の改良を実施。「718ケイマン」と「718ケイマンS」となり、こちらの予約受注は4月28日から開始されています。

 

新型「パナメーラ」を発表 

 

porsche-2016-4

 

6月には新型「パナメーラ」を初公開します。「4S」グレードは新開発の2.9リッターのV型6気筒直噴ガソリンツインターボエンジンを採用。先代より多少ダウンサイジングしながらも、先代を上回る最高出力440ps/5650rpm、最大トルク56.1kg-m/1750-5500rpmを発揮し、燃費も11%向上させました。

 

また、トップモデルとなる「ターボ」には550ps/770Nmを発揮する4.0リッターV8ツインターボを搭載。ポルシェはこのモデルでドイツ・ニュルブルクリンク北コースにおけるタイムアタックを行い、7分38秒を記録して「世界最速の高級セダン」を自称します。「世界最速の高級セダン」というジャンル分けが妥当かどうか疑問もありますが、パナメーラの実績なら誰もが納得してしまう説得力がありますね。

【関連記事】

【ジュネーブショー2017】ポルシェ新型「パナメーラ」、「スポーツツーリスモ」のデビューが決定

ポルシェ世界販売、2016年は約24万台でまた新記録を更新!

ポルシェがB’z稲葉浩志と組んだ新型「パナメーラ」のPVを公開

Text:Mr.Blackbeans Photo:PORSCHE JAPAN

ル・ボランBOOSTの公式SNSをフォローして最新情報をゲット!

関連記事

  •