2016/12/29 15:35

VWディーラーがカスタムパーツの取り扱いを開始! まずはゴルフRとGTIでスタート

JText:Yasushi HOSODA Photo:VOLKSWAGEN GROUP JAPAN

現物は東京オートサロンに出品予定

 

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、フォルクスワーゲン車をチューニングするためのカスタマイズパーツを、2017年1月より全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーにて取り扱う。

 

1228_vw-costumizeparts_02

 

取り扱いを開始するのは、ゴルフGTIやゴルフRに対応するカスタマイズパーツで、スタビライザーセットやスプリングキットといったチューニングパーツのほか、フロントバンパーやサイドスポイラーといったエアロキットをラインナップ。なお、ゴルフR対応のカスタマイズパーツはエアロキットのみで、取り扱いは1月13日開始が予定されている。

 

取り扱いアイテムおよび税込販売価格は以下の通り。

 

  • COXボディダンパー:8万4240円
  • トゥピボットストップトラス:3万6720円
  • スタビライザーセット:11万8880円
  • オリジナルスプリングキット:5万2920円
  • ブレーキパッドセット(ローダスト):3万4560円
  • ブレーキラインシステムセット:3万2400円
  • パフォーマンスエアフィルター:1万2960円
  • ターボパイプキット:5万9400円
  • ステンレスエグゾーストチャンバー:5万7240円
  • ステンレスマフラー:18万3600円

 

これらのカスタマイズパーツは、2017年1月13日〜15日に千葉・幕張メッセで開催される「東京オートサロン」にて展示される。また、東京オートサロンのフォルクスワーゲンブースでは、モータースポーツの積極的な参加により、高い開発技術力を磨いてきた老舗チューナー「COX(コックス)」によるコンセプトカーの展示も予定している。さらに、フォルクスワーゲン本社のアクセサリー部門がドイツの老舗チューナー「Oettinger(エッティンガー)」と共同開発したエアロパーツを装着したコンセプトカーも展示される。

 

 

【関連記事】

フォルクスワーゲンの新型ポロがデビュー!

1970年代に走らせた914/6レーシングマシンをレストアした、という話

【スクープ】VW新型「ポロ」がほぼフルヌードで公道に!

JText:Yasushi HOSODA Photo:VOLKSWAGEN GROUP JAPAN

「ル・ボランBOOST」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

関連記事

  •