2016/12/27 19:50

ハイブリッドも登場! スズキ新型「スイフト」が発売

Text:Yasushi HOSODA Photo: SUZUKI MOTOR CORPORATION

ハイブリッドの燃費は最高27.4km/L

 

12月27日、スズキはフルモデルチェンジを実施した新型「スイフト」を、2017年1月4日より発売すると発表した。モデルラインナップは以下の通り。

 

XG(1.2/5MT/FF):134万3520円

XG(1.2/CVT/FF):134万3520円

XG(1.2/CVT/4WD):149万7960円

XL(1.2/5MT/FF):146万3400円

XL(1.2/CVT/FF):146万3400円

XL(1.2/CVT/4WD):161万7840円

RS(1.2/5MT/FF):159万4080円

RSt(1.0ターボ/6AT/FF):170万4240円

 

ハイブリッドML(1.2マイルドハイブリッド/CVT/FF):162万5400円

ハイブリッドML(1.2マイルドハイブリッド/CVT/4WD):177万9840円

ハイブリッドRS(1.2マイルドハイブリッド/CVT/FF):169万1280円

ハイブリッドRS(1.2マイルドハイブリッド/CVT/4WD):184万5720円

 

1227_suzuki-swift_02

 

新型スイフトは、大胆に進化した躍動感あふれるスタイリングをまとう。そして、歴代スイフトが磨き続けたハンドリング性能のさらなる向上に加え、マイルドハイブリッドシステム、軽量化と高剛性を両立させた新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」、熱効率の向上によって低燃費を追求した1.2リッター自然吸気のデュアルジェットエンジン(91ps/118Nm)などにより、優れた走行性能と燃費性能を両立している。

 

ちなみに新型スイフトのJC08モード燃費は、最高で「ハイブリッドRS」および「ハイブリッドML」(いずれもFF)の27.4km/Lとなる。

 

一方、「RSt」には、102ps/150Nmを発揮する1.0リッター直噴ターボのブースタージェットエンジン+6速ATを採用。力強い加速感の得られる動力性能と、20.0km/L(JC08モード)という優れた燃費を両立している。

 

さらにスズキ初の装備として、単眼カメラとレーザーレーダーによる衝突被害軽減システム「デュアルセンサーブレーキサポート」を採用したのも特徴だ。そのほか、周囲の状況に合わせて自動でハイビームとロービームを切り替える「ハイビームアシスト機能」、前走車との距離を一定に保つ「アダプティブクルーズコントロール」を採用するなど、安全とドライビングをサポートする機能が充実している(一部グレードにオプション設定)。

 

エクステリアでは、スイフトらしさを継承しながらより躍動的、かつ重心が低く見えるプロポーションが特徴的。「RS」「ハイブリッドRS」「RSt」には精悍な印象のフロントグリルや前後バンパー、サイドアンダースポイラー、ルーフエンドスポイラーを専用装備したほか、リアフォグランプ、専用デザインの16インチアルミホイールも装着する。

 

インテリアはドライバーを中心としたスポーティかつ操縦性に優れた構成で、高い質感と先進感が表現された。メーターやエアコンルーバー、エアコンスイッチなど機能部品は円筒がモチーフだ。「ハイブリッドML」「ハイブリッドRS」「RSt」には、高精細の4.2インチ大型カラードット液晶のマルチインフォメーションディスプレイも搭載している。

 

 

【関連記事】

スズキが燃料電池バイクの公道試験を開始

Text:Yasushi HOSODA Photo: SUZUKI MOTOR CORPORATION

「ル・ボランBOOST」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

関連記事

  •