2016/12/25 18:50

【スクープ】これがBMW史上最大のSUV「X7」の勇姿なり! V12エンジンの搭載も!?

Text:Makoto TAKEHIRA Photo:Apollo News Service

コンセプトはVIP向けショーファードリブンカー?

 

BMWのフルサイズSUV(BMW的にはSAV)であるX7のスクープが届いた。X5でも十分大きいのだが、米国ではフルサイズと称するさらに大柄な車型も一般的なので、昔からBMWもいずれ新型車を投入するだろうと言われてきた。X7は新型7シリーズ以来採用されている「CLARプラットフォーム」から造られる最大サイズのモデルとなる。写真ではなんとなくホイールが小さく見えるが、これはフルサイズSUVの写真ではありがちなこと。実は車体のボリュームが大きいがゆえの錯覚だ。

 

外観上の特徴はリアドアが極めて大きいこと。7シリーズサルーンより高さがあることも手伝って、堂々たるショーファードリブンの貫禄がある。またこれまでスクープされてきたCLARプラットフォーム上に作られる一連の次世代型SUVの例に漏れず、このX7も屋根は高いが床面は低い。これはX7のオフロード性能は緊急時のためであり、基本的には悪路を走るクルマではないことを意味する。実際このX7にも2WD仕様があると言われている。パワートレインはX5同様に直列6気筒、V型8気筒、直列4気筒のプラグインハイブリッド(PHV)。駆動方式はFRと4WDのxDriveで、目玉はハイエンド仕様に6.0リッターのV型12気筒搭載車が予定されていることだろう。

 

X7に使用されるCLARプラットフォームだが、カーボンやアルミ部材で比較的軽量とはいうものの、X7では車体ボリュームと重量の増加に対応すべく、大幅に強化された新モジュールが使われるようだ。これはフルサイズSUVが要人の移動用に好まれていること、それに伴い防弾等特殊仕様への改装を容易にする高強度・高剛性な構造が、現代のプレミアムSUVには欠かせないという背景もあるだろう。ちなみに車越しに乗降者を見透し難い高い車高と、「駆け込み容易な」大型ドアはセキュリティ上大変有利な形状だと言われている。

 

X7はBMWの米国スパータンバーグ工場で生産されると発表されており、当初は富裕層向けのミニバン代わりのフルサイズSUVかとイメージしていたが、今回のスクープ画像を見ると、プレミアムカーの雄たるBMW製大型SUVは、どうやらVIP仕様のフルサイズカーという立ち位置になるのが濃厚なようだ。

 

【関連記事】

2018年に登場! BMWが新型「8シリーズ」のコンセプトカーを発表

BMWが「コストコ」と電気自動車(EV)の合同キャンペーンを開催

BMW ブース出展車両が決定!【ル・ボラン カーズ・ミート2017 横浜】

Text:Makoto TAKEHIRA Photo:Apollo News Service

「ル・ボランBOOST」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

関連記事

  •