2016/12/14 16:30

レクサス新型「LC」を詳しく知る! パワートレインは5.0L V8と3.5L V6ハイブリッド

Text:Yasushi HOSODA Photo:TOYOTA MOTOR SALES, U.S.A., Inc

トランスミッションはいずれも10速

 

レクサスの新型クーペ、「レクサスLC」には2種類のパワートレインが設定された。5.0リッターV8エンジン仕様と、3.5リッターV6エンジンのハイブリッドシステムである。

 

1213_lexus-lc500-engine_02

 

モデル名が「LC500h」となるハイブリッド車は、デュアルVVT-i(インテリジェト・バリアブル・バルブタイミング)や、直噴システム「D4-S」を備える3.5リッターV型6気筒の自然吸気エンジンに、10速の電気CVTと2基のモーターを組み合わせ、全域においてスムーズで豊かなアウトプットを引き出すマルチステージ・ハイブリッドを搭載。エンジンスペックは299ps/348Nmで、モーターとの組み合わせによるシステム出力は354psにおよぶ(いずれも参考値)。0-100km/h加速タイムは5秒以下を実現しているという。

 

一方、「LC500」はガソリン車。467ps/540Nmを引き出す5.0リッターV型8気筒の自然吸気エンジンを搭載する。プレミアムクラスでは初採用となる10速ATとの組み合わせにより、リニアでスムーズなパワーデリバリーを実現。0-60mph(約97km/h)加速を4.5秒以下でこなす加速力をもたらしている。

 

 

【関連記事】

レクサスのミッドサイズSUV「NX」の新型がデビュー【上海モーターショー2017】

レクサス新型「LC500」がアメリカで「ベスト10インテリア」に選出

【ニューヨークショー2017】レクサス「新型LS」にスポーティな「Fスポーツ」が追加

Text:Yasushi HOSODA Photo:TOYOTA MOTOR SALES, U.S.A., Inc

「ル・ボランBOOST」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

関連記事

  •