2016/12/13 16:42

【スクープ】トヨタ新型「スープラ」のニュル高速テストを目撃! 動画からその中身を徹底解析する

Text:Makoto TAKEHIRA Photo:Apollo News Service

中身はレクサスLC500hと同じV6ハイブリッドか

 

次期トヨタ・スープラのスクープ続報というか、ニュルブルクリンクを走る動画が送られてきた。相変わらずフロントとリアのカモフラージュは重いのでカタチについては前回の記事【ついに復活版トヨタ「スープラ」が来た! フロントマスクはあのクルマにそっくり?】以上に説明できる要素はないが、やはり動画ならではの情報は興味深い。

 

まずサウンドだが、どうもこのクルマはV6っぽい。実はスープラはオーストリアの自動車エンジニアリング&製造事業者であるマグナ・シュタイアーで生産されるので、ロジスティクス的合理性から6気筒エンジンはBMW製の直列ユニットになる可能性もあると想像していたが、どうもこのクルマに限ってはV型エンジンのような音が出ている。とすると、つい先日メディアに披露されたレクサスLC500hと同じ、アトキンソンサイクルのV6+マルチステージTHS IIという組み合わせなのかもしれない。

 

主要な撮影ポイントは中低速コーナーだが、エグゾーストサウンドからはここを矢継ぎ早な連続シフトアップ(並みの車よりシフト回数が多く感じる)で加速しているように聞こえる。なので、もしハイブリッド車だとすると、スポーティな加速性能がウリの新しい縦置きエンジン後輪駆動車用ハイブリッドユニット(2モーター+機械式4段+THS IIの電子CVT)かと期待できる。

 

またコーナーでの挙動からは、このクルマが優れた前後重量配分を持ち、しかもかなり低重心であることと、車重もそう重くはなさそうである印象を受けた。シャシーに関してはスタティックなキャンバーも大人しいし、ストロークに伴う変化もジェントル。それでいて旋回は安定しているので、ことハンドリングについては下馬評通りの優れものといえそうだ。

 

 

【関連記事】

トヨタが英国工場への新規投資を発表

トヨタが今年も「交通安全キャンペーン」を実施

北米トヨタが「86」の特別仕様車「860スペシャルエディション」をリリース

Text:Makoto TAKEHIRA Photo:Apollo News Service

「ル・ボランBOOST」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

関連記事

  •