2016/12/06 19:15

デビュー15年で達成! 「MINI」の英オックスフォード工場で記念すべき300万台目がラインオフ

Text:Yashshi HOSODA Photo:BMW AG

300万台目はクラブマンJCWオール4

 

BMWは、英国のオックスフォード工場で生産しているMINI(ミニ)の累計生産台数が、2001年の工場稼働以来15年で300万台に到達したことを発表した。記念すべき300万台目のMINIはクラブマン・ジョンクーパーワークス・オール4だった。

 

4500名の従業員が携わるオックスフォード工場では、生産されるMINIの約80%が世界110以上の国や地域に向けて輸出されているそうだ。

 

1206_mini-3million-production_02

 

オックスフォード工場は2001年に稼働。ここを含む3つの工場は、2000年からBMWグループが投じた約17.5億ポンド(約2550億円)により、最先端の塗装施設、ハイテクボディ製造施設、最新のアッセンブリーラインや物流センターを揃えている。そのほか、品質管理やエンジニアリングセンター、スタッフのスキルを磨くトレーニングセンターなども用意され、万全の生産体制が構築されている。

 

最新の設備を整え、高品質のクルマを作ることによって、世界中のユーザーから絶大な支持を獲得したMINI。15年で300万台というその数字が、なによりの証拠といえるだろう。

 

 

【関連記事】

MINI ブース出展車両が決定!【ル・ボラン カーズ・ミート2017 横浜】

「アート&デザインウィーク」がBMW東京ベイで開催!

【動画】BMW新型「M5」の公式ティザー画像が公開

Text:Yashshi HOSODA Photo:BMW AG

「ル・ボランBOOST」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

関連記事

  •