2016/12/01 17:33

リーフの中古バッテリーを活用! 日産が新しい家庭用蓄電池システムを欧州で発表

Text:Hidemitsu HOSHIGA Photo:NISSAN INTERNATIONAL SA

価格は3500ユーロ、約43万円より

 

11月30日、日産とイートンは住宅用蓄電装置「xStorage Home」シリーズの予約受注を開始したことを発表した。xStorageには日産のバッテリー技術が採用されており、自動車用スーパーチャージャーなどで知られるイートンが製造する。販売は英国、ノルウェー、ドイツでまず開始され、今後は欧州各国へと広げられる予定となっている。

 

xStorageシリーズには住宅用からビル用、グリッド化した大規模給電用などが揃えられており、今回、発表された住宅用のxStorage Homeは6タイプ。バッテリーは新品もしくは日産リーフ用の二次使用品から選択でき、二次使用品では3.5kWの3500ユーロ(約43万円)から6kWの3900ユーロ(約47万円)、新品では5000ユーロ(約61万円)から5580ユーロ(約68万円)で(設置費別)、10年間の延長保証も設定されている。

 

xStorage residential energy storage

 

電源には既設のソーラーパネルからの電力、または電力会社からの電力が選択でき、電力会社への余剰電力販売にも対応しているという。電力会社からの給電が不安定な時のバックアップ電源としての活用も想定されており、切り替えはスマートフォンで行うこともできるとのことだ。

 

 

【関連記事】

無人のリーフが新車を運ぶ! 日産が自動運転技術を生かした陸送システムを工場に導入

「北米カー・オブ・ザ・イヤー2017」のファイナリストが決定! 最終選考に残った3台の日本車とは?

広州モーターショーで日産が新型「GT-R」を披露! その驚きの価格とは?

関連記事

  •