2016/11/29 21:06

VWゴルフの特別仕様車「コネクト」がデビュー! ネットと繋がりより便利に

JText:Hidemitsu HOSHIGA Photo:VOLKSWAGEN GROUP JAPAN

ナビ画面のGoogle Earth表示にも対応

 

11月29日、フォルクスワーゲン グループ ジャパンは「つながるクルマ」を実現するコネクティビティ機能を強化するとともに装備を充実させた特別仕様車、ハッチバックの「Golf Connect(ゴルフ コネクト)」とステーションワゴンの「Golf Variant Connect(ゴルフ バリアント コネクト)」を発表した。両モデルは同日より販売が開始される。

 

この特別仕様車は「TSI Comfortline(コンフォートライン)」および「TSI Highline(ハイライン)」をベースにテレマティクス機能の“Guide & Inform(ガイド アンド インフォーム)”を追加したインフォテイメントシステム“Discover Pro”を標準装備することで、コネクティビティを強化。また、LEDテールランプの採用やアルミホイールのデザイン変更などが行われている。

 

Cable-stayed bridge

 

“Guide & Inform”はスマートフォンなどの通信機器を経由してインフォテイメントシステム“Discover Pro”を専用サーバーに接続し、オンラインVICS交通情報を受信することでルート案内の精度を高めるとともに、Googleサーチエンジンを利用したオンライン検索を利用できる。そのほか、通常の地図表示に加えてGoogle Earth表示やGoogle Street Viewによる目的地周辺の映像の取得、駐車場の満空状況やガソリンスタンドの場所や価格の確認などが可能。

 

価格はハッチバックのGolf TSI Comfortline Connectが306万円、Golf TSI Highline Connectが346.9万円、ステーションワゴンのGolf Variant TSI Comfortline Connectが319万円、Golf Variant TSI Highline Connectが359.9万円。

 

 

【関連記事】

【ジュネーブショー2017】VWが新型車「アーテオン」のデビューを予告! 4ドアクーペ「CC」後継車か

VW「パサート」に新グレード「エレガンスライン」登場! 装備充実で379.9万円より

VWが「ラリー・オーストラリア」で1-2フィニッシュ! 有終の美を飾りWRCから撤退へ

関連記事

  •