2016/11/28 18:30

ボルボマニア vs サーブマニア!笑って泣けるスウェーデン映画「幸せなひとりぼっち」が12月に公開

Text:Yasushi HOSODA Photo:Tre Vänner Produktion AB.

クルマ好きなら一見の価値あり

 

12月17日、映画「幸せなひとりぼっち」が全国で順次、劇場公開される。サーブ92、サーブ9000、サーブ9-5といった懐かしのサーブ車をはじめ、ボルボ車も登場し、スウェーデン車ファンは特に楽しめる作品だ。

 

59際の主人公、オーヴェは妻に先立たれ、会社もクビに。もはや人生を諦める……ハズだった!? 

 

寂しさと哀しみにくれるオーヴェの日常は、隣に引っ越してきたパルヴァネ一家により一変することに。クルマのバック駐車、はしごのレンタル、病院への送迎、娘たちの子守……。次々にオーヴェを困らせる“うっとうしい”隣人は、いつしかかけがえのない友となり、凍てついたオーヴェの心を溶かしはじめる―—。

 

1128_shiawase-na-hitoribocchi_02

 

主人公オーヴェはサーブの信奉者で、同じスウェーデンブランドのボルボを完全敵視。さらに「スウェーデン車以外のクルマに乗るなんて。友達じゃない!」と言い切ってしまうほど。ボルボ愛好家の友人との、男同士の意地をかけた愛車自慢対決は必見だ。

 

この作品は、近隣住民との交流を通して主人公オーヴェを読み解き、「人生とは何か」、「愛とは何か」を問うヒューマンラブドラマ。スウェーデンのアカデミー賞といわれるゴールデン・ビートル賞を受賞し、世界17カ国での上映および、アカデミー賞外国語映画賞のスウェーデン代表に決定している。

 

アメリカではひと足先に公開がはじまり、「スウェーデン版『グラントリノ』だ!」と好評価。9館からスタートした公開劇場数が、190館にまで拡大するに至っている。また、2016年にアメリカで公開されたアート系外国映画の中では興行収入第1位となっており、アカデミー賞の賞レースに絡むのではないかと、エントリーが有力視されている。

 

 

スウェーデン車ファンはもちろん、興味のある方は、ぜひ劇場へ。新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかを皮切りに、順次公開される。

 

1128_shiawase-na-hitoribocchi_03

 

  • 映画「幸せなひとりぼっち」
  • 監督・脚本:ハンネス・ホルム
  • 出演:ロルフ・ラスゴート
  • 原作:フレドリック・バックマン/訳:坂本あおい(ハヤカワ書房刊)
  • 2015年/スウェーデン/原題「EN MAN HETER OVE」/116分
  • 日本語字幕:柏野文映
  • 後援:スウェーデン大使館
  • 配給・宣伝:アンプラグド

 

【関連記事】

ボルボ「V40」に創立90周年を祝う限定車「アニバーサリーエディション」が登場

ボルボ「XC90」の自動運転タクシーが走る! 米UBERがサンフランシスコで運用を開始

アウディが元ボルボ副社長をヘッドハント! 仁義なき欧州メーカーの人事戦略

Text:Yasushi HOSODA Photo:Tre Vänner Produktion AB.

ル・ボランBOOSTの公式SNSをフォローして最新情報をゲット!

関連記事

  •