2016/04/18 21:03

【北京モーターショー2016】メルセデス、BMW、アウディに続け! ジャガーXFにも中国専用のロング版が

Text:Yasushi HOSODA Photo:JAGUAR LAND ROVER LIMITED

それは中国生産初のジャガー車

 

 ジャガー・ランドローバーは、中国市場専用モデルとしてジャガーXFのロングホイールベース仕様「XF L」を開発。4月25日から開催される北京モーターショー2016で披露すると発表した。

 

 中国におけるジャガー・ランドローバーは、2012年に奇端(Chery)汽車リミテッドとの合弁会社を設立し、2014年に常熱工場がオープンしているが、中国市場専用のジャガー車を生産するのはこのXF Lがはじめてとなる。常熱工場には5万㎡の敷地に300以上のロボットを稼働させる規模を備えたボディショップがあり、アルミボディ造りにも万全を期しているという。

 

 ご存知の通り中国では、サルーンモデルのロングホイールベース仕様に一定の人気がある。メルセデスEクラスやBMWの3シリーズ/5シリーズ、アウディA4/A6、ボルボS80などにはすでに中国市場専用にロングホイールベースモデルが存在する。ジャガー・ランドローバーは、中国での生産設備が整った環境を受けて、この市場に斬り込むことになった格好だ。

 

 なお、今回公開されたのはリアビューの写真が1枚だけ。その全貌は4月25日に明らかになるはずだ。ちなみにこの中国向けジャガーXF Lの生産は、2016年の後半に開始される予定とのことだ。

 

 

【関連記事】

ランドローバーが新型「ディスカバリー」の受注を開始

ジャガー・ランドローバー ブース出展車両が決定!【ル・ボラン カーズ・ミート2017 横浜】

ジャガーのスポーティセダン「XF」にワゴンの「スポーツブレーク」が追加

Text:Yasushi HOSODA Photo:JAGUAR LAND ROVER LIMITED

「ル・ボランBOOST」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

関連記事

  •