2016/02/26 19:48

【ニューモデル】新型ルノー・ルーテシアが上陸。 性能上がって価格はダウンってホント?

Text: Yasushi HOSODA Photo:RENAULT JAPON

インテリアもより鮮やかな配色に

 

 ルノー・ジャポンは2月25日、マイナーチェンジを受けたルーテシアのインテンスおよびゼン(1.2リッターモデル)を発表し、同日発売を開始した。

 

 新型では、エンジンスペックやトランスミッションのギア比の変更により、街乗りからロングツーリングまで、従来型以上にドライブしやすい仕立てとなったほか、アイドリングストップ機構が搭載され、燃費の向上が図られている。

 

 エンジンの最高出力は従来の120psから118psになった一方で、最大トルクは190Nmから205Nmに引き上げられた。実用域での扱いやすさが重視されたチューニングとなったわけである。

 

 また、センターパネルの新機能として、マルチメディア機能、自動時計合わせ機能、ドライビングEco2機能が加わった点も新しい。ドライビングEco2機能とは、走行リポート/Ecoスコアリング/Ecoコーチングの3つの機能で構成され、エコドライビングのサポートが受けられるものだ。

 

0226_Renault-Lutecia_02

 

 インテンスグレードではインテリアの仕様変更もニュースだ。ステアリングホイールの形状が上級グレードのGTと同デザインとされたほか、シートの両サイドにダッシュボードやドアトリムと調和したカラーラインが入り、より一体感のあるインテリアデザインとなった。カラーは、ルージュ、マロン、グレーの3種を設定する。

 

  新型のもうひとつの話題が価格の値下げで、239万9000円のインテンス、219万9000円のゼン(1.2リッター)は、従来型よりそれぞれ4万9000円、1万2000円求めやすくなった。

 

 商品力を高めるとともに、より求めやすい価格となったルーテシア。購入を検討しているオーナー予備軍にとって朗報となる新型の発売だ。

 

スペックや価格など、より詳しい情報はこちら

http://www.renault.jp

 

【関連記事】

新型ルノー・メガーヌがデビュー!

ルノー・トゥインゴGTが限定リリース

ルノー・カジャーが限定版で先行発売!

Text: Yasushi HOSODA Photo:RENAULT JAPON

「ル・ボランBOOST」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

関連記事

  •